開業志望者のマーケティング「ブルーオーシャン戦略」を学ぶべし

開業を成功させるにはマーケティング

マーケティングで開業成功!

Link

ブルーオーシャン戦略を知りましょう マーケティングを学びましょう

ブルーオーシャン戦略を知りましょう

Pocket

ブルーオーシャン戦略を学ぶ

「ブルーオーシャン戦略」は、開業に向けてマーケティングを学ぶにあたって知っておきたい用語のひとつです。ブルーオーシャン戦略を理解するには、それに対比する用語としてよく目にする「レッドオーシャン戦略」についても合わせて学んでおくと良いでしょう。では、まずレッドオーシャンとは何かということからご紹介します。

レッドオーシャンとは何か

レッドオーシャンとは、真っ赤な血で血を洗うかのような激しい競争を繰り広げる既存の市場のことを指したマーケティング用語です。既存の企業のほとんどは、レッドオーシャンにおいて激しい競争を日々繰り広げており、競争相手が増加していく中でさらに激しい競争を強いられ続けているというのが現状です。市場が大きければそれだけユーザーは集まりますが、同じような商品やサービスを提供する競争相手も多いので収益は分散してしまい、より競争が激しくなるという状況に追い込まれます。レッドオーシャンの中で長く生き残っていくためには、綿密なマーケティング戦略に基づいた企業運営が絶対的に欠かせない要素となります。

ブルーオーシャンとは何か

ブルーオーシャンは、レッドオーシャンのような激戦市場から離れた競争相手の少ない市場のことを指しています。レッドオーシャンは既存の市場で競合他社と激しい競争をしますが、ブルーオーシャンは新たに創造された市場なので競争相手が基本的にはいません。ブルーオーシャンでは、扱う商品やサービスは既存のものですが、そこからコストや価値を取ったり付け加えたり、減らしたり増やしたりと調整を加えることによって唯一無二の価値を生み出すので、他社との差別化がはっきりします。ブルーオーシャン戦略が成功すると、競合と苦しい競争をすることなく高い収益性も確保できます。

差別化と低コストを両立

既存の考え方では、差別化と低コスト化の両立はできないというのが基本にあります。そのため、レッドオーシャンでは差別化か低コスト化かで戦略の方向性を決めて勝負をしますが、ブルーオーシャンでは、差別化と低コスト化の両立を可能にしているので、低価格ながらブランド力もある商品を世に出すことができるのです。しかし、他の企業がブルーオーシャンで成功している事業に目をつけて追随してくるようになれば、徐々にレッドオーシャン化してくる場合もあります。そのため、競合がいないと思って進化への意識を緩めてしまうと、新たに参入してきた方がより上の価値を創造してしまう可能性もあるので、ブルーオーシャンで生き残っていくためには、常に新しいことを考えながら成長していく必要があります。

こちらの記事もおすすめです